タワーマンション定義とは?

定義

タワーマンションの定義とは高さが60mを超える高層建築物で階層が20階以上のある住宅がタワーマンションと呼ばれています。高層になるほど耐久性や消防法の基準が厳しくなり通常のマンションよりもコストがかかります。しかしその分アクセス・充実した共用施設・セキュリティーが整っているところが多いです。今回はそんなタワーマンションの定義について紹介したいと思います。タワーマンションに住みたいと思っている方は是非参考にしてみて下さい。

タワーマンションとは

タワーマンションは、法的な定義は無いですが上記で説明した通り60m以上で約20階相当の住居用の建物の事を指しています。マンションは木造ではなくコンクリートで造られることが一般的で強度があり耐震工事がしっかりと施されています。通常のマンションよりも価格は高く上層階に行くほど価格も上昇します。

低層マンションと高層マンションの違い

低層マンションと高層マンションの大きな違いは高さと施設の充実度です。低層マンションは主に5階建て位の建物で、高層マンションは20階以上となっています。しかし低層マンションだからだといってデメリットだけでなくメリットもあって、エレベーターの待ち時間がなく、災害などの緊急事態の時にはいち早く外に逃げることができます。

豊富な共用施設・眺望

タワーマンションは、共用施設が充実していてジム・プール・宅配ボックスなど敷地内から出なくても事を済ますことができる所が多いです。24時間のコンシェルジュサービスもあって困ったことがあれば助けになってくれます。また高層階の部屋になるほど景色が良く日光も当たりやすくなっています。

世界一高いタワーマンション

432パーク・アベニュー/ニューヨーク(426.0メートル)

こちらのマンションは世界一高いマンションの一つとされていて、ニューヨーク市内ではワールドトレードセンター(541.3m)に次いで大きいビルとなっています。街の中心地とアクセスも良くてペントハウスの価格が100億円です。

世界一高価なマンション

Tour Odeon/モナコ 487億円

こちらのタワーマンションは、世界一高額な高層マンションとなっていてモナコを360度見渡すことができます。ペントハウスはジムやプールなどが備わっていて絶景も楽しめます。

最後に

タワーマンションは、高層階な物件ほどタワーのように見えて絶景を楽しむことができます。通常のマンションとは異なり高価な物件が多いですが施設も充実していて、それ以上の価値のあるものが多いので様々な物件を是非探してみてください。