タワーマンションは借りるのと買うのはどっちがいい?

d63fd111b5d7d0101cf3215cbe428f1a_s
憧れのタワーマンションですが、借りるほうがいいのか買ったほうがいいのかどちらがいいのかと迷ってしまいますよね。
もちろんそれぞれにメリット・デメリットがあると思います。
今回は借りるほうと買うほうのどちらがお得なのか、良し悪しをご紹介していきたいと思います。

借りる場合

メリット

メリットはなんといっても「いつでも引っ越せる」というところではないでしょうか。
人生において、いついかなるときも何があるかわかりません。近隣とのトラブルや、結婚をしたり、出産ともなると家族が増えるわけですから、そうしたときに必然と今住んでいるところを変えようと思うこともあるでしょう。そんなときに素早く動けるのが賃貸のいいところではないでしょうか。

また賃貸のよさはメンテナンスを考えなくてもよいということころですね。住む際に新築でも、時間がたてば古くなり老朽化になってきます。そういう部分のケアをしなくても、また住む場所を変えてしまえばいい。これが賃貸のよさです。

デメリット

カードに表と裏があるようにメリットがあればデメリットがあるのが宿命でしょう。賃貸のデメリットはメリットの裏返しという事が多いです。
例えばいつでも引っ越せる代わりに、その物件はいつまでたっても自分の資産にはならないということ、借りているものですから、部屋の中を勝手に変えることもできません。
またタワーマンションでいうと、分譲マンションよりグレードが劣る場合があるという事があります。
分譲は基本的にずっと住む事を想定して作られていますが、賃貸マンションはそれよりも色々な面が劣って作られている場合があるため気をつけなくてはいけません。

買う場合

メリット

買う場合のメリットは、まず第一に資産になるという事です。買うことで自分が将来的に高齢になっても住み続けられる権利があるというのは非常にすばらしい事だと思いませんか?また賃貸の時にデメリットでも少し書きましたが、購入する場合は長く住む事が想定して作られているので、住環境が賃貸の物件よりも良い場合が多いという事です。

またタワーマンションを購入する人も経済的に余裕のある人が多いのでマナーなどは良い人が多い印象があります。

デメリット

やはり自分の資産になるのは、とても良いと思いますがそれに伴って起こりうる問題がデメリットになってきます。それは、購入する際の初期費用などの金銭面です。やはり購入となると頭金をある程度用意しておかないと将来的にも信用的にも困りますし、だからといって貯金をすべて頭金にするのも怖いですから、それぐらいの余裕ができるお金を持っていることが重要になります。

また、維持費やメンテナンスを自分でおかなわないといけないなど、何かとお金がかかるというところがデメリットとなります。

如何でしたでしょうか。
買うも借りるもメリット、デメリットがありますが、自分のライフスタイルに合わせて住むというのがいいのではないでしょうか。参考になれば幸いです。