本音に直撃!タワーマンションに住んでよかった事良くなかった事!パート1

タワーマンションはやっぱり憧れの家だと思います。
今回は、タワーマンションに住んでいる人の生の本音の声を集めました。

普段はなかなか聞くことのできないからこそ参考になるものがあると思います。

高橋さんの場合

  • タワーマンション暦:1年2ヶ月
  • 住形態:ファミリー
  • 年齢:50代

タワーマンションに住んで良いと感じた事

部屋のリビングから見る眺望はタワーマンションに住む醍醐味です。
仕事が終わって疲れて夜家に帰っても、窓から見える夜景を見ると心が和みます。
夏になるとあちらこちらで上がっている花火が見えるのもとても素敵です。
職場の同僚や友人を招待しても、「凄い眺めだね!」と感動してもらえます。
窓から見える景色に合わせてインテリアもセレクトするため自然と生活感のないホテルのようなリビングになりとても気持ちがいいです。
窓からの泥棒の侵入を心配しなくてよいので、夏の夜寝る時は窓を全開にしても全く問題ありません。
外出する時もそれほどシビアに防犯を考えなくてよいのでとても気楽です。

タワーマンションに住んで良くないと感じた事

なんといっても下に降りることが大変なことです。
エレベーターにのって1階に降りるまでにかなり時間がかかりますし、エレベーターを待つ時間も毎日のことになると相当なストレスです。
といってわざわざ階段で昇り降りすればもっと時間がかかりますから、じっとエレベーターが到着する時間を待っています。
出勤時、1階に降りてから忘れ物に気がついた時はもう最悪、もう一度登らなければならないと思うと朝からとってもうんざりしていしまいます。
停電でエレベーターが停まったらどうなるのか、考えるだけでうんざりです。
なお窓からの景色はとても綺麗ですが、毎日見ていると慣れます。
入居してしばらくは感動した景色ですが、今ではそれほどの感動もなく「あれ?こんな程度だっけ?」となれてしまいます。

ガリバーさんの場合

  • タワーマンション暦:3年
  • 住形態:カップル
  • 年齢:30代

タワーマンションに住んで良いと感じた事

部屋のリビングから見る眺望はタワーマンションに住む醍醐味です。
仕事が終わって疲れて夜家に帰っても、窓から見える夜景を見ると心が和みます。
夏になるとあちらこちらで上がっている花火が見えるのもとても素敵です。
職場の同僚や友人を招待しても、「凄い眺めだね!」と感動してもらえます。
窓から見える景色に合わせてインテリアもセレクトするため自然と生活感のないホテルのようなリビングになりとても気持ちがいいです。
窓からの泥棒の侵入を心配しなくてよいので、夏の夜寝る時は窓を全開にしても全く問題ありません。
外出する時もそれほどシビアに防犯を考えなくてよいのでとても気楽です。

タワーマンションに住んで良くないと感じた事

なんといっても下に降りることが大変なことです。
エレベーターにのって1階に降りるまでにかなり時間がかかりますし、エレベーターを待つ時間も毎日のことになると相当なストレスです。
といってわざわざ階段で昇り降りすればもっと時間がかかりますから、じっとエレベーターが到着する時間を待っています。
出勤時、1階に降りてから忘れ物に気がついた時はもう最悪、もう一度登らなければならないと思うと朝からとってもうんざりしていしまいます。
停電でエレベーターが停まったらどうなるのか、考えるだけでうんざりです。
なお窓からの景色はとても綺麗ですが、毎日見ていると慣れます。
入居してしばらくは感動した景色ですが、今ではそれほどの感動もなく「あれ?こんな程度だっけ?」となれてしまいます。